テクニカル分析とファンダメンタルズ分析

FX取引において大きく分けて2つの分析方法があります。
一つ目はテクニカル指標を使ってパターンをつかんで、値動きの動向を分析するテクニカル分析です。
二つ目はその国の経済状況や財政状況などを分析することで長期的な動向をつかむファンダメンタルズ分析です。
この二つを駆使することでFX取引について視野を広げてもらいたいと思います。
テクニカル分析で使用されるチャートとして有名なのがローソク足チャートになります。
ローソク足チャートで表されるものとしては、一つのローソクで初値と終値、安値、高値が一目でわかるということになります。
まず、初値と終値で長方形を描いて、安値と高値はひげと呼ばれる線で表します。
描いた長方形が白いと終値が初値よりも高い状態で、長方形が黒いと初値が終値よりも高い状態を表します。
初心者であればまずローソク足チャートの見方を知っておくといいでしょう。
テクニカル分析を行うには移動平均線やボリンジャーバンドなどのテクニカル指標の見方を知るところからスタートします。
FX取引のサイトやFX取引の書籍を読むとテクニカル指標について記載があると思います。
テクニカル指標は様々ありますので、使ってみて自分に使えそうだなという時には本格的に使ってみるといいでしょう。
ファンダメンタルズ分析はその国の経済状況などを分析することで投資対象とするかどうかを判断するということになります。
失業率や政策金利の発表、経済要人の発言などは通貨の値動きを決める要因となりますので、そういうものに注目するということが大事になります。
多少政治経済の知識が必要になる分析になりますが、長期的な視野で投資を行うのに適した分析法になります。
初心者であれば情報が入りやすい通貨での取引を勧めたいと思います。
新興国の情報ということになりますと、ドルやユーロに比べて情報量が圧倒的に少なくなりますので、リスクを把握できない可能性はあります。
リスクを把握できないことによる不利益を被るかもしれない点には注意しておいたほうがいいでしょう。

印鑑 作成
あなたに合った職人の手彫り仕上げ印鑑をお探し頂けます。

Comments are closed.