FX取引において、外国の出来事に注目する

FXで取引をするときに、注目しなければいけないのが、国内・海外での出来事です。
歴史的な円高の背景には、欧州債務危機の問題があったり、米国の景気動向があったり、それに対して過敏に反応するのが外国為替です。
最近では、国内の政治の動きにも反応し、円安に触れることもありました。
国内外の要人発言などには、特に注意を払う必要があります。
世界での投資家が、もっとも注目を集めている通貨は、基軸通貨である「ドル」です。
かつてほどの強さはなくなったとはいえ、基軸通貨であるがゆえ存在感は非常に大きいです。
日本のニュースで報じられる為替の動きも、まず第一にドル円チャートであることがほとんどです。
ただし、FXの取引においては、ユーロ円や豪ドル円などに比べて変動が小さく、リスクはあまり大きくない通貨でもあります。
初心者の取引では最適かもしれません。
米国といえば、月に1回発表される雇用統計は、世界の経済状況を示す指標として注目を集めており、発表前後で為替が大きく動きます。
null投資家のあいだでは、月に1度のお祭りイベントとされているので、FXをやる人は要注目です。
ほかに注目すべきは、欧州の経済動向です。
ユーロ圏の経済危機が問題視されて久しいですが、今後の世界経済の景気の動向を握っていると言われており、注目すべき材料です。
ユーロはとりわけ変動が激しいので、一晩で大損してしまう可能性があるので、取引の際には注意が必要です。

Comments are closed.