初心者の勘違いで陥りやすいFXの失敗

FXをこれから始めようと思う方へ是非読んで参考にして頂きたい失敗談をご紹介したいと思います。
もしかすると自分はそんな失敗は決してしないと思うかもしれませんがそういう方は失敗の一例として読んでください。
まず言えることはFXは儲けを出すことも損を出すこともあなた次第だと言うことです。
とにかくFXの取り引きを始めると気づかれると思いますが為替や相場に関する情報は毎日毎日更新されあふれています。
そして最も関心の高いその日の相場の動きに関する情報はそれぞれで全く違うと言うことです。
ある情報源は今日は円安に振れると言っているかもしれませんが別な情報源では円高になると言っていることもあります。
そこまで正反対ではなくても相場の動きに関して今日はドル円だと1円程度の円高と予想する人もいれば50銭程度と予想する人もいるのです。
どの方の情報ももっともらしい理由がつけられております。
短期的な予測ですら千差万別なのですから長期的な予測は本当に違います。
90円に向かって円安が進むと言う予想があれば60円に向かって円高になると言っている方もいます。
私はFXを始めた際にたいしてFXのことを知らないのに手を出して儲けを出してしまったのでそのビギナーズラックに勘違いしてひたすらポジションを持ち続け大きなレバレッジをかけて損切りすら入れていなかったのです。
自分はあたかもFXを熟知したトレーダー気分でいたのです。
そして自分で相場を知ろうとせずに他の方の相場予測をあてに相場をはっていたのです。
ですが不思議なことに相場が一方向になおかつ自分がそのトレンドに乗っていたときには利益が出続けるのです。
それは当然です。
一方向に円安に進んでいれば外貨を買えばどんどん儲けが出るのは当たり前のことです。
しかし一度逆のトレンドに進んで行ったときにはどうなるでしょう。
ここ数年の相場を見ていると円安は緩やかに円高は急激に進みます。
FXを知らずにトレードをしていた私は急激な円高に対応出来ず瞬く間に全ポジションがロスカットされてしまいました。
それはちょうどギリシャ危機の時でした。
証拠金を自分のお金と思い込み相場を見るのも他力本願でした。
どの本にもとくに初心者はレバレッジをかけすぎずに損切り注文は必ず入れておくよう書かれておりますが、
基本中の基本を無視して相場を読むのもすべて他人の情報です。
しかも自分が思う事と同感の情報のみ取り入れていたので中立な目を持っていませんでした。null
当たり前のことですがこれからFXを始める方はFXをよく知りまずは基本を忠実にそしてポジションを保有するときはあまたある情報は参考程度にして自分できちんと情報収集と情報分析が出来るように精進されると良いでしょう。

Comments are closed.