FXで儲けるためには操作の反応が早くなければならない

FXをやり始めた人のほとんどは感じることだと思いますが、急激に円安あるいは円高に振れる時があります。
初心者で、まだリスクを採る方法も知らないで、一方だけの注文をしているときなどは予想と反対に触れると冷や汗がどっと出てきます。
経済指標の発表や、世界の動乱、経済危機、など急に発生する問題があると急激な変化があるのです。
最初の内は何が何だかわからないかもしれません。
ハイリスクハイリターンの投資を経験したり勉強した人であっても、その値動きには驚かされることでしょう。
FXでも株式投資でも、一番重要なことはリスクをどうとっていくかではないでしょうか。
ハイリスクハイリターンの商品はリスクをうまくとって行かないととんでもない失敗をしてしまいます。
そして、一番もうけやすい時はその値動きが激しい時なのです。
その時に適切な注文を早く出せば、この投資はそんなに難しくはないと思いますが、反射神経が鈍いと、儲ける時に儲けが出ません。
アベノミクスを発表した途端、円安に振れていき、2か月間かけて80円の前半から100円近くまで円安になりました。
このような時は反射神経は必要ありませんが、そうでなかったら短期も利益を出そうと思えば、経済指標の発表時が一番の儲け時で、反射神経を要します。
FXのデメリットと言える部分はないと思います。
その操作をよく知っておくことと、経済の動きでどのような値動きをするのかを知っていたら十分投資を楽しめると思います。

Comments are closed.