初心者にもわかるFXのメリット・デメリット

FXのメリットとして挙げられることの一つ目としてはFXでは拠出額の25倍までの取引が可能になります。
例えば、1ドルが80円だった時に10,000ドル購入するには800,000円分用意しないといけないわけなのですが、その1/25の32,000円分用意することで大きな取引を行うことができます。
FXのメリットの二つ目としては基本的には24時間取引を行うことが可能になっているということです。
24時間世界中のどこかで取引が行われていますので、日中のみならず夕方以降にも取引を行うことが可能になっています。
FXのメリットの三つ目としては株に比べて気軽に始めることができるということになります。
株を購入するということになるとたくさんある銘柄の中から取捨選択をしないといけないわけですが、FX取引は通貨の取引ということになるので種類が少なく、分析にかけるコストが安く済むということになります。
他にも、株価に比べて値動きが激しくなるリスクが小さいということもあります。
FXのデメリットの一つ目としてはレバレッジ(拠出額に対する取引額の倍率)をかけすぎると、損失が出た場合には追加で証拠金を入れるか強制的にロスカット(決済)するかということになります。
これはメリットの一つ目で挙げたことと表裏一体になります。
利益が出ればメリットにつながりますが、損失が出た場合にはデメリットにつながってきます。
損失面が気になるということであれば、レバレッジをかけすぎないで取引を行うということも必要になります。
FXのデメリットの二つ目としては取引しているFX業者が破たんする可能性があるということになります。
また、FX業者のシステム障害のために取引ができないというリスクもあります。
そのため、適切にFX業者を選ぶということが大事になってきます。
FX業者の破たんに備えるために、信託銀行に管理保全しているところがほとんどではないでしょうか。
信託保全していないFX業者が破たんした時には証拠金が戻ってこない可能性が高いです。


Comments are closed.