FX取引で利益を得る方法としてのスワップ

FX取引では為替差益以外の方法としてスワップポイントを利用した方法で利益を得ることができます。
スワップポイントとは低金利通貨を売って高金利通貨を購入することで、その金利の差額を受け取ることができるものになります。
スワップポイントは一つ一つの金額は大きくありませんが、毎日付与されることになりますのでいつの間にか利益がたまっているという状態になるかもしれません。
スワップポイントで稼ぐためにFX取引を行う人も多いです。
スワップポイントがどういったものか具体例を使って説明してみます。
低金利のA国の通貨を売って、高金利のB国の通貨を購入する場合を考えてみます。
A国の通貨の金利は現在1.0%でB国の通貨の金利は現在5.0%とすると、5.0%-1.0%=4.0%ということで金利差4.0%分が利益になります。
スワップポイントは一日単位でもらえて、決済するまでもらい続けることができます。
気づいたときにはちりと積もれば山となるということになるかもしれません。
しかしながら、決済してからしかスワップポイント分が出勤できないという点には気を付けておいたほうがいいでしょう。
注意しないといけないことは金利の変動が出てくる場合があるということになります。
金利の変動によって今までもらえていた利益が得られないといったことがあります。
また、低金利の通貨を購入して、高金利の通貨を売却する場合には逆にスワップポイントを支払う必要があるという点に気を付けてもらいたいです。
他には、スワップポイントはFX業者によって異なってくるという点にも気を付けておいたほうがいいでしょう。
スワップポイントでの大きな利益を狙うということであれば、低金利の円を売って高金利の国の通貨を購入するというのが手っ取り早いかもしれません。
自分でリスクが取れるのであれば、比較的高金利と呼ばれるオーストラリアドルやニュージーランドドル、南アフリカランドを購入するといいのではないでしょうか。

訪問着を選ぶなら
お手ごろ価格で便利に、面倒な手入れも不要です。

Comments are closed.